だから、こうなってるんだね

Twitter代わりのブログ。

両親が死んでしまう事と、長女である事について

昨日、実家に行ってきました。毎月1回、地元に用事があるので、ついでに実家に帰っています。

父は60歳、母も同じくらいの年齢なので、そろそろ自分達が死んでしまう事を考えているようで、最近、しきりに私に色んな事を伝えようとします。私、長女なんですよね(しかも、父が長男で、父以外の兄妹は女性なので、いとこの中でも一番上なんです)。別に裕福な家ではないのですが、ここに通帳などがしまってあるとか、暗証番号とか、死んだら後をお願いしたいと色々教えてくれます。もし本当に何も知らないうちに死んでしまったら困ると思うので、有難いんですが、両親が死んでしまう事が想像できなくて複雑な気持ちになります。それと同時に、両親が死んでしまったら、葬儀は私がやるんだろうなとか、家の処理とかお墓の手続きはどうしたらいいんだろうとか、考えると憂鬱になってきます、、、父親は両親ともに亡くなっているので、これらの手続きをやってきているのだし、きっとみんなが通る道なんですよね。大人って大変だ、、、

あとは、お墓を継ぐ人がいなくなってしまう(父親以外の兄妹は結婚して姓が変わっており、私も妹も結婚すれば姓が変わるので)ので、お墓をどうすればいいのかよく分かりません。自分の両親が入るのだから、私が生きているうちはお墓参りに行きたいと思うけど、私や妹が死んだら終わってしまうので、いつかのタイミングで何か手続きをするのかな、、、両親と叔父・叔母は、先日法事の際に何か話をしていたのですが、多分、供養をしてもらうのにお寺にお金を渡していたりすると思うので、そういうのを私が妹・いとこを集めてやらないといけないのかな、、、

最近父親がカメラにハマっていて、よく家族写真を撮っては現像してくれます。七五三以来くらい家族写真を撮っていなかったので、こういうのもいいなと思っていますが、これを見てしみじみ思う日が来ないで欲しいと切に願っています。